*

「 月別アーカイブ:2010年12月 」 一覧

残すところ今年もあと2日になりました。
本当に今年1年は早かったです。
この間までは夏で暑いなーと思っていましたが
もう、寒くあっというまでした。
30歳過ぎると40歳まではあっという間と
聞きますがこの繰り返しなんでしょうか?
今年は異業種交流会に参加したり、
普段、年間2冊くらいしか読まない読書も
9冊くらい読み
また沢山のお客様に出会いました。
またお客様も凄く頑張っているお客さんばかりで
とてもいろんな意味で僕にいろんな事を教えてくれ
とても影響した1年でありました。
来年も良い出会いやいろんな事に挑戦していきたいと思います。
明日の31日はディズニーランドに行って来ます。
以外と空いているようです。
18:00からのカウントダウンは混んでいるようですが
17時まではすいているようです。
寒いですけど家族サービスをしてきます。
あとツイッターをはじました。
tanakakenchiku
で検索してください。
またフォローしてください。
宜しくお願いします。
それでは良いお年を!!


来年の干支は  うさぎ
今年の干支は  とら
そうです  わたしは年男だったのです
社長のブログにとらのかっこうで登場していたのですが
憶えていますか?
だいぶ 年を重ねてきましたが
気持ちはまだまだ若いつもりでかんばっています
来年はさらなる飛躍を
期待を膨らませながら
新年をおごそかに迎えたいと思います
みなさまも
よい新年をお迎えください
それでは今年1年
ありがとうございました


12月29日 水曜日 大掃除
今日は社員みんなで大掃除です。
朝からとても忙しいです。
015.jpg
それから・・・
今日で今年の業務もおしまいです。
明日(12/30)から1/5まで冬休みです。
今年(1年)を振り返るとホントにいろんなことがありました。
● 新社屋へ引越して、新社屋での業務
● 新朝礼&3分間スピーチ
● グランドオープン
● カルチャースクール
     ・
     ・
     ・
他にもいろいろあったけど・・・
私にとって 新しいことをたくさんやった一年でした。
新しい社員も増えて、女性社員も増えて、
とても賑やかな毎日でした。
来年も内覧会、セミナー、オーナー会と
イベント三昧の一年になりそうです。
また忙しい一年になりそうです。
『明るく、楽しく、元気に』頑張ります
来年も宜しくお願いしますV(^口^)V
021_20101228180325.jpg022_20101228180340.jpg


今日は朝ヨガやりましたよ。
詳しくはこちら
     ↓
トミーのブログ


中川建一
4日に一度訪れるブログ当番ですが、
今年のブログ当番はこれが最後です。
次に書くときは新年だと思うと、
1年が過ぎるのは早いな〜と感じます。
さて、今年最後のブログ当番ですが、
業務も今日でほぼ終了です。
会社内も明日は大掃除です。
そんな中、午後から打合せのT様、
にぎやかですがよろしくお願いします。
楽しい打合せをしましょう。


最後は、やはり、『宝くじ』ネタのパート 3 でーす。
『宝くじの人気売り場ToP 3』ってご存知ですか。
第1位(全国宝くじファンの聖地)の大阪駅前第4ビル特設売場
第2位(日本一有名な宝くじ売場)の西銀座チャンスセンター
第3位(当る確立No 1)の新橋烏森チャンスセンター
残念乍、私の知っていたのは、一度だけ買った事が有る第2位の西銀座チャンスセンターだけですが、
今回も買ったのは、三島市の『みずほ銀行』で、データーに誤りが有る事を祈ります。
『大当たり情報』
第1位の大阪駅前第4ビル特設売場の大当たりデーターです。
過去5年間に億万長者が『62名』
1億円以上の当選金総額 『96億円』
H、11年ドリームジャンボ以降現在迄、特設売場で販売した
1億円以上の当選本数は、
1等 2億円  80本
2等 1億円  126本
だそうです。この現在がいつになるのか、不明ですが、それにしても凄い本数です。
よく売れるので、よく当るのか、それは、分かりませんが、
誰かが、当る事だけは、確かです。
『12月31日』迄の夢を、又は、来年の大きな『お年玉』を
夢に見て、残り僅かになった年末をすごそうと思っている芦川でした。
良い年を迎えるように、風邪などひかないように、健康でいましょう。


今年も残すところ数少なくなりました。
今年は新社屋が完成し、田中建築工業が新たな
スタートを切りました。
社訓
田中建築工業に携わる人全てが幸せになる会社
家族が認め我が子が入社したいと思う魅力的な会社
お客様にとって日本で一番出会えてよかったと思われる会社

が始まりました。
最初の1年目にしては、順調なスタートがきれたのではないかと
感じます。
来年も、この先何年も何十年も社訓を軸に
田中建築工業は成長し続けて行きます。
今年も心よりありがとうございます。


今年ももう終わりですね
29日の大掃除を終えれば
仕事収めになります
本年も本当にありがとうございました
話は変わりますが、
今年は初日の出を拝めなかったので
来年はキレイ所ランキングに
載っている所に行こうと思います
71127_1_convert_20101228182539.jpg
静岡県下田市須崎だそうです。
来年はここで来年の抱負を叫んで
帰ってこようと思います。
まだまだ、まだまだ未熟な勝間田ですが
来年もよろしくお願い致します。


12月24の静岡新聞の夕刊にこんな記事がありました。
芯を持った製材品は乾燥する過程で割れが入ります。家に使われる木材としては、土台、柱、梁材などは割れることを覚悟しなくてはなりません。もちろん割れが入ったからといって強度が低下し、耐震性などが落ちるようなことはありません。これは各地の研究所や大学などで確かめられています。
全国には築200年以上たった古い民家や商屋が多数残っていますが、梁材には指が入ってしまうほど大きな割れが入っていることも少なありません。きのうやきょう割れたわけではなく、100年以上前から割れていたと思われますが、それでもしっかりと建物を支え、地震や台風にも耐えてきました。
大金をだして建てた家の柱や梁材に割れが入っているのは面白くないかもしれません。昨年、柱が割れているとクレームを付けた施主の求めに応じて柱を交換した建設会社が、割れるような木材を納めたのが悪いとして材木屋を訴えた事件の判決がありました。木材に割れが入るのは当然のことであり、そのことを施主に十分説明し、理解を得なかった建設会社に問題があり、材木屋には責任は無いとの判決に木材業界は安堵しました。
昔は家の柱が見える真壁構法という建て方が主で、その柱には割れが入っているのが当たり前のと、誰も問題にもしていませんでした。しかし、柱が壁の中に隠れてしまう大壁構法が主流になり、建前時など、壁で覆われる前に割れを見つけると、前途のようなクレームになるケースも出てきました。
夜中などに梁材や柱の割れる音を聞くと不安に思われるかもしれませんが、本物の無垢の木材を使っているのだと思っていただければ幸いです。乾燥する木材は強く丈夫になります。割れが入るのは木材が乾いていく証拠なのです。


PAGE TOP ↑