*

「 木村颯馬 」 一覧

 

コンシェルジュの木村です。

 

先日、同席していた打ち合わせの中で、

「スタバのタイルがおしゃれで、あんな感じにしたいんですよー」と、

お客様からの御要望がありました。

 

設計の勝間田と、

「スタバおしゃれですよねー。どんなイメージですか?」と

 

お施主様は、「これです!自由が丘のスタバです!」と

 

写真を見せてくれました。

 

そこから、

カタログを見ながら、「これかな~」、「こっちはちょっと小さいかな」とか

「表面の質感がちょっと違うな」とか、、、

 

タイル会議になりました

 

中々、同じものは見つからず似たようなものを、

いくつかチョイスしてサンプルとって見てみましょうか。

という中で、

 

「もしかしたら、スタバ神対応で教えてくれるかも、、、」

 

そんな話になりました。

 

120km離れた自由が丘のスタバが、

昼時の忙しい時間帯の急な問い合わせ

 

結果

 

神対応でした!

今すぐにはわからないので、今週中に本社に問い合わせて

教えてくれるそうです。

 

 

どんな報告がくるか今から楽しみにしています。

お客様の喜ぶ姿も楽しみです!

スタバの神対応に学びました。


コンシェルジュの木村です。

 

先日、小山町で地鎮祭が行われました!

 

一般的に地鎮祭は縁起のいい日に行うことが多いです!

そのため、オーナー様も忙しい日々の暮らしの中で

「この日だー!」と縁起のいい日と都合を合わせて行われることがおおいのですが、、、

そんな楽しみにしていた日が、なかなかの雨!!

朝から雨が降り出していたこの日

現場でオーナー様とお会いすると

「雨降っちゃいましたね~」と少し残念そうにしていました。。。

 

確かに、雨ってテンション下がってしまいますよね。。。

 

「雨が隅々までお払いをしてくれる」であったり

「雨降って地固まる」や「水に困らない」「家事にならない」などなど

しかし、地鎮祭は実は雨の日のほうが縁起がいいんです!

 

そのことをお伝えすると、

「嬉しいこと言ってくれるねー!」とオーナー様に笑顔が戻りました!

そんな中、無事地鎮祭は執り行われ、最後に雨はあがりました!

 

そんな中、奥様が実は家の旦那「雨男」なんです。

とこっそり教えてくれました。

 

雨男×地鎮祭=縁起がいいというお話でした。

 

 


コンシェルジュの木村です。

 

近年、4KやAppleTVなど

テレビ、その他AV機器などが発展しています!

 

中には、HDD内蔵したものなど本当に便利になりました。

 

僕はテレビデオを仲間と囲って見ていたコードブルーが

懐かしいな~なんて思っています。

 

さて、なぜTVのお話をしたかといいますと、

田中建築では家づくりの際には、TVは壁掛けにするのか、置き型にするのか、という

打ち合わせからはじまり。

 

「配線はどこに」、「HDDの位置」、「ゲームは置きますか?」などなど

細かい打ち合わせをしていきます。

 

僕のお世話になっているオーナー様のお家にはテレビ台がありません!

広々としたLDKの壁掛けTVの前は、今はプレイマットが敷かれ小さなお子様の為の空間になっています。

斬新だな~新しいな~と思いながら勉強させていただいてます!

 

AV機器はというと、電話やFAXなどと一緒にLDKの住みのカウンターにまとめてあるんです!

リモコンの利きが悪いなどの問題もなく、満足されていました!

 

オーナー様から勉強させていただき、

また次のオーナー様に御提案させていただく。

 

見学会なども含め、こうやって

家づくりのノウハウって蓄積されていくんだな~と思いました。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

㈲田中建築工業■STUDIO LUXE

Instagram検索⇒⇒iiuti.tanaka

Pinterest検索⇒⇒田中建築工業

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 


 

コンシェルジュの木村です。

 

暑い日が続いたり、台風がきたり厳しい天候が続いていますが、

ここ5年くらいの間、体調を崩して薬を飲んだことがありません。

 

とそんなことはさておいて、

先日、同級生のオーナー様のインスタグラムに

「吹き抜けの掃除で悩んでいたけど、やっと見つけた!」という内容の投稿がありました。

すかさず、言ってくださいよ!といいましたが、やっと見つけた!

というのは先日僕がブログでご紹介していた商品でした。

 

中々、「役立つ情報を発信しているな」と手ごたえを感じています笑

 

前置きが長くなりましたが、

色にまつわる勉強をした友人から聞いた話などもとに

今日は「色」についてです!

 

外装、内装とお家づくりをしていく上で避けて通れないのがこの「色」です。

 

洋服、プレゼン資料などなど、身近なものでもよく言われるのが、

「組み合わせは、3色まで。」ということです。

たくさんの色を調和させて組み合わせるのは至難の業だそうです。

余談ですが、僕はプレゼン資料は、しろ、黒、青、オレンジでつくります。笑

 

内装で悩んだときは、特に思い出してみてください。

注意が必要なのは、「家具」が入るということです!

家具の色を踏まえて内装を決めていくとベターかと思います!

 

「彩度、明度の合ったものにする」、「反対色、補色」などありますが、

詰まる話が、「国旗」、「自然」、「イラスト」だそうです。

 

この3つを参考にすると、調和の取れた色合いになるそうです。

たとえば、フランスの赤、白、青のトリコロールの国旗は、スパイダーマンのコスチュームにも似た

色使いになっています。

 

世に出ている作品は考えてみればその辺り、プロの人が考えているんだもんな~と思います。

その辺り参考にするのは、簡単でわかりやすいと思いました!

 

色んな組み合わせもいいですが、

やっぱり「白」って基本的に何でも合うな~

と「白最強説」も僕の中で少し芽生えています。

私服はシロTシャツ着てればいいと思っているところもあります。

 

心もTシャツも純白なきむらでした。


コンシェルジュの木村です。

 

暑い日が続いていますね。と夏関係の記事を更新したい所ですが、

コンシェルジュなんだから家に関する記事を書いてよ!と

オーナー様から言われているので、今回も僕はお家関係の記事でいきます。

 

今回は「シーリングファン」です。

「シーリングファン 吹き抜け」の画像検索結果

 

見学会に来てくれたお客さん達からも多い質問の1つが、

シーリングファンのお掃除についてです。

 

吹き抜けから指差して、

「これってどうやって掃除するんですか~」と

基本的に僕がご紹介するのは、

 

2階のホールからとどくのであればコレ↓

 

クイックルワイパーハンディ本体伸び縮みタイプ

 

吹き抜けが独立して届かないのであればコレ(4.9mまでいけます)↓

今まで掃除をあきらめていた高い場所のお掃除にエレキャッチ自在4.9m

 

というと

「やっぱりそうですよね~」という反応です。

 

こっから、

「お掃除のために降りてきてくれるのもありますよ。」というと、

「え~!」とありがたい反応を頂いています。

 

実際に僕が見たのは田中建築のオーナー様のお家でした。

お掃除のことも考えられた間取りで熱く語ってくださいました。

僕自身とても勉強になりました。

 

因みに、降りてくるのに1分以上かかるのには

こんなにゆっくりなんだ!と少しビックリしましたが笑

 

 


コンシェルジュの木村です。

 

人間には聞こえない音があるというのは

ご存知でしょうか。

 

一般に人に聞こえる周波数の範囲(可聴域)は、低い音で20Hz、高い音で20kHzくらいまでの間。

こうした人に聞こえる音を「可聴音」と呼び、人の耳に聞こえないほど高い音を「超音波」、人の耳に聞こえないほど低い音を「超低周波音」といいます。

周波数:音の波が1秒間に振動する回数のこと(単位はHz・ヘルツ)。

 

音は振動のため

聞こえていないだけで、生活や体に影響を与えているかもしれません。

 

今、僕が寝ている部屋には、

・Wifiのルーター

・ワールドカップ観戦用に持ち込んだTV

などなど、悪影響っぽい振動がたくさんあります。

 

間取りを考える際に、TVやパソコンの配線、スイッチの位置なども

注文住宅では自由自在です。

 

寝室は完全にゆっくりできるスペースにしたいな~と思うところでした。


コンシェルジュの木村です。

 

皆さん特に女性のお客様は、間取りやデザインを考えるとき

将来的なお掃除のことも考えることがあると思います!

 

今回は木村調べではありますが、

いくつかお掃除家電をご紹介します!

決してメーカーさんからのまわしモノではありません笑

こんなものもあるんだ~くらいに思ってください。

 

①お掃除ロボット

 

 

ルンバなどに代表され、今や多くのご家庭にも普及している

自動でお部屋の中をお掃除してくれるロボットです。

 

②床拭きロボット(ブラーバ380J)

ルンバが床の埃などを取ってくれるのに対してこちらは床拭きロボットです。

律儀なフォルムも魅力ですね~

現在ビックカメラで、34,800円(税抜) 送料無料!!週間売れ筋ランキング1位です!!(※全2商品中)

ブラーバ380Jの働きっぷりはこちら

 

③窓拭きロボット(WINBOT W950)

 

 

窓拭きのお掃除ロボットの登場です。

実は、窓拭きロボットはいくつか種類があるのですが今回はWINBOTをご紹介しました。

価格は、53,799円!!950は、最新機種なのでもう少しお求めやすいロボもあります^^

まだまだ、ご家庭への普及は少ない商品ですが近い将来、ルンバのような「一家に一台」の時代がくるかも…しれません。

その時は、このブログと僕のことを思い出してください!

 

WINBOTの華麗なるお掃除姿はこちら

 

今回はお掃除家電のご紹介でした~


コンシェルジュの木村です!

 

最近、お客様に名刺をお渡しすると

「メンタルケア心理士」という資格を見て

「見積もりお願いします!笑」や「僕の心をケアしてください」や「心読まれちゃう!笑」

 

などなど、いろんな反応をしていただいています。

 

メンタルケア心理士とは、

一時期、TVにすごーく出ていたDaigoさんのように

スプーンを曲げたり、誘導したり、心を読んだりできる資格

 

 

ではありません。

Daigoさんは、ざっくりいうと「メンタリスト」という分野のスペシャルな人です。

 

メンタルケア心理士は「カウンセラー」

心屋仁之助さんのようなカテゴリーです!

 

よりお客様がお話しやすい環境づくりを

ということで少し勉強しました。

 

まだまだ若輩者ですがいろいろお話きかせてください!


コンシェルジュの木村です。

ここまでお話するコンシェルジュも中々いないであろう太陽光売電の歴史についての小話です。

 

2011年3月11日に発生した東日本大震災によって引き起こされた

東京電力福島第一原子力発電所の事故を皮切りに日本は「エネルギー」の見直しを余儀なくされました。

当時は電機の供給不足による計画停電やダイヤの変更など混乱を引き起こしました。

というのも当時「原子力」エネルギーは、石炭、石油、LNGにつぐ、わが国になくてはならないエネルギーの供給源になっていました。

 

 

そこから、供給源を他国に依存しない、

太陽光や風力、地熱といった地球資源の一部など自然界に常に存在する、

環境にやさしく、枯渇する心配が無い再生可能エネルギーの導入が加速していきました。

 

その再生可能エネルギーの1つが「太陽光発電」です。

 

太陽光発電を促進するため政府が「電気事業者による再生可能エネルギー電気調達特別措置法案」を2011年に閣議決定し、

固定価格買取制度の導入・拡大により再生可能エネルギーの大幅増を目指しました。

 

一方でEUでは、

2001 年に再生可能エネルギー促進を目的とした EU 指令が既に採択され、

再生可能エネルギーの大幅増に向けて 2004 年および 2007 年に新た
な政令を公布していました。

 

その際にEUで採用されていたのが「買取制度」でした。

 

日本と全く同じようなことが、EUでも行われていたというイメージです。

後発で「買取制度」を導入した日本がお手本としたであろう国が「スペイン」です。

 

結果から言えば、

上昇する買取価格に対して、他業種、投資家がこぞって参入し、歯止めが利かなくなった

2007年 過剰な買取を行ったスペインの太陽光バブルがはじけました。

 

買取価格の上昇すれば、業者が国民に売電する価格が上昇するのが自然です。

それを許さなければ業者に転嫁されてしまいます。100%業者に転嫁することができなくなった国は、

売電価格の引き下げと債権を発行し事態の収束にむかいました。

 

国民と業者が過剰な買取価格によって生まれた負債を背負わなければいけなくなりました。

 

 

このような売電の歴史を背景に2017年に日本の「買取制度」がスタートしました。

もちろん買取価格の設定は「スペインの失敗」を踏まえて設定されているものです。

 

太陽光に限らず、様々な視点から一家づくりを考えています!

たくさんのお客様のご相談お待ちしています!


こんにちは。
コンシェルジュの木村です。

弊社ホームページがリニューアルされました。
メインのキーワードは、
「住まいで人生は大きく変わります」です。
実は、僕もお披露目前から似たようなキーワードを考えていました。
本当です。
さて、

学校では先生から「清掃、整理整頓しなさい」と教わりました。

大人と話すと「デキる人のデスクは綺麗に整理整頓されている。」
こんな話を聞きました。

トヨタ式の本にも
「整理整頓」は絶対と書いてありました。


それはなぜか…



「年間150時間」ビジネスパーソンが探し物をしている(大塚商会調べ)

からです。




1日8時間労働だとして、約19日分(150時間/8時間)。

年間勤務日数が250日だとすると、1日平均36分(150時間×60分/250日)も探し物をしていることになります。





これは、お仕事中の話ですが
皆さんの普段の生活はいかがでしょう。
住まいに遠回り動線はありませんか?使いづらい収納はありませんか?


注文住宅を検討していく中で「間取り」や「動線」を考える事は、
非常に悩むところでもありますが、それがまたひとつの醍醐味だと思います。


もちろんそれだけではありませんが、
突き詰めていくと住まいは人生を変えると私は思っています。

人間は、生存本能ゆえに本来は変化を嫌う生き物だといわれています。

そんな慎重な方も一歩を踏み出せるよう応援しています!

お気軽にご相談ください。


PAGE TOP ↑