*

「 芦川好布 」 一覧

『新聞ネタ』ですが

1mを通すのに、(1億円)かかる道路工事が始まるかもしれないと言う話題です。

東京・日本橋の上空を走る首都高速道路を(国土交通省や東京都が7月)に

地下化を目指すと宣言

54年前に日本橋の上にかかった首都高(2.9キロ区間)の老朽化が進み

地下のトンネルに替える予定らしいですが、

仮に総費用が5千億円ならば(1メートルあたり → 1億7千万円)になると言う訳です。

ちなみに、1メートルあたり → 数百万円といわれる高速道路建設の

平均コストに比べて桁違いに膨らむ地下化の費用は誰が負担するのでしょうか?

首都高は総延長319キロの半分以上は開通から30年以上経過で

全て更新するには(兆円単位)の金がかかるという

インフラ老朽化は首都高だけでないことも我々は

知っておく必要が有ると思います。

アフターメンテナンスの芦川でした。

 


先日、新聞で(アメリカの宝くじで高額当選)が出たと言う記事を見ました。

その金額は日本とは、桁違いの

『830億円』

日本では、8月20日に抽選が有った

『サマージャンボ宝くじ』の高額当選が

1等 + 前後賞で『7億円』

日本の場合は、宝くじには税金が掛かりませんが、

アメリカでは、(600$)以上の当選金に

(連邦税が25%)、(収税が5~6%)掛かるそうです。

その税金が(249億円)~(257億3千万円)と

日本の『ジャンボ宝くじ』の35、57倍~36、75倍と

国土も大きいが,宝くじの高額当選の税金の

スケールも大きい話題でした。

(高額当選が外れた)アフターメンテナンスの(芦川)でした。


昨日、夏の風物詩『全国高校野球選手権大会決勝』も終わり、

まもなく、学校の夏休みも終わろうとしています。

例年ならば、『赤トンボ』が飛び、朝晩、涼しくなるのが、

まだまだ、暑さが続くようです。

今日も、天気予報で静岡は(35℃)だそうです。

連日の猛暑で身体が悲鳴をアゲテいます。

皆様も(猛暑)に負けないように

(秋)を迎えましょう。

(紅葉)が待ち遠しい

『アフターメンテナンスの芦川』でした。

 

 

 


夏の『花』と言えば、昔は(朝顔)だった気がしますが、

最近は、あまり見かけないような気がするのは自分だけでしょうか?

夏の訪れと共に(向日葵・朝顔)の花を見て

(セミ)の泣き声を聞くと

暑い夏を実感したものでしたが、

今、目にする(花)はタイトルの

サルスベリ(百日紅)の赤・ピンク・白のような気がします。

沼津市内の道路沿いや家の庭に可憐な(花)を見かける

機会は有ると思います。

字の通り、(百日)位見れるみたいです。

暑さはこれからが、本番(熱中症)に掛からないように、

小まめな、水分補給と充分な睡眠を取るように

心掛けるツモリの(アフターメンテナンスの芦川でした)


当事務所では、私ともう1人のスタッフ以外は該当しない話題です。

公的年金は原則(65歳)から受給できますが、

最長で(70歳)迄繰り下げられます。

日本人の男性の平均寿命は(80、79歳)、女性は(87,05歳)

5年間(60ヶ月)の繰り下げで年金が(42%)増額になります。

単純に考えると凄く(得)みたいですが、

(70歳)から繰り下げ受給する場合の年金総額が

(65歳)からの受給を上回るのは、おおむね(82歳)

男性の平均寿命よりも、長生きしないと(得)にならないと言う訳です。

参考迄に年金額のイメージ

(男性会社員と専業主婦の夫婦)合計 ¥21、8万円

(会社員の共働き夫婦)    合計 ¥27、9万円

残念乍、夫婦二人の必要月収の¥38、0万円 には届きません。

若いスタッフの夢を壊しますが、

これが、今の(日本の年金の実情です)

健康を維持しないと、更に悲惨な目に遭う訳ですので、

健康な身体と、財布の両方を持たないと大変な

(アフターメンテナンスの芦川でした)


タイトルの『猛暑日』と言う言葉は誕生して

まだ10年しかたっていないそうです。

1日の最高気温:25度以上が → (夏日)

30度以上が → (真夏日)

35度以上が → (猛暑日)

『高温注意情報』当日又は翌日が(猛暑日)になると予想される場合に

気象庁から発表される情報です。

まもなく、梅雨明けになると思いますが、

梅雨明け前後は、特に(熱中症)に注意が必要と言われています。

(小まめに水分補給・十分な睡眠・休息・栄養)を

心掛けて、猛暑に負けないように頑張りたい

(アフターメンテナンスの芦川でした)

 

 


わが家の(紫陽花)がやっと咲き始めました。

鉢植えなので、花の数は少なく・大きさは小さく

道路沿いに咲く、(紫陽花)に比べると見劣りしますが、

咲き始めて、もう何年になるのでしょうか?

今の場所に住み始めて今年で(16年)

4鉢の中、1鉢はまだ2~3年だと思いますが、

3鉢は不明ですが、記憶では年数はそんなに経っていないと思います。

手入れは、水掛けのみで,良く何年も咲くと感心します。

(門池公園)の道路沿いに(紫陽花)が咲いています。

近くを通りましたら、御覧下さい。


国土交通省が2019年度に『クルーズ専用港』を横浜に設ける方針を

7月に決めると新聞で読みました。

大型クルーズ船は全長(300~400m)も有り。1度に3.000人~4.000人も乗船、

外国の海外クルーズ会社のクルーズなら、

割りと手軽な値段設定で行けるみたいです。

語学・船酔い・ドレスコード等、クリアーする問題は

多々あるようですが、残り少なくなってきた人生を

『海外クルーズ』にと言う選択も

夢ではないような気がします。

それには、まず、健康

日頃、運動に縁の無い生活を送っている

『自分』に反省をする(アフターメンテナンスの芦川)でした。


まず、頭に浮かぶのは、

我々の仕事の天敵の(梅雨)

でも、米作りの農家の皆様には恵みの雨、

そんな、時期に心を和ませてくれるのが(紫陽花)

我が家の鉢植えの(紫陽花)がもう少し先になりますが、

咲いてくれると思います。

この年齢になると、(梅雨)そして(夏)は、体調管理が非常に難しく

早く、涼しい(秋)が来ないかなと思う

(アフターメンテナンスの芦川)でした。

 


愛車を久し振りに洗車しました。

雨が心配でしたが、幸いな事に

夏日に近い(晴天)で、身体が対応出来ずに、

何故か(鼻水)が出て、大分先に訪れる

(夏風邪?)と思われましたが、

昨日、(薬)を飲んで、

今は、(鼻水)も止まりましたが、

身体は、万全ではありません。

何となく、だるく

早くも(夏バテ?)

年齢と共に、体力は落ちて

疲労の回復が遅くなるのは、

仕方が無い事ですが、日頃の生活習慣が

何も身体に良い事をしない

結果と分かっている

(アフターメンテナンスの芦川)でした。

☆★☆イエタテ掲載中☆★☆ ≪田中建築工業新築施工例≫

吹き抜けのある空間に家族が集う洗練された無垢の家

素材や空気感にこだわって愛車とともに暮らす家

吹抜けのスケール感が違う、いつまでもワクワクが続く家

デザインだけじゃない〝みんなと違う〞家

機能と快適を両立した 吹き抜けの空間デザイン

無垢の白い壁が家族を包む ビーチサイドが似合う家

嫉妬したくなるほど美しい 黒と赤のデザイン住宅

文句なしの開放感と 自然素材の快適さが心地いい

家族でくつろぎ、友達が集まるいろんなシーンで楽しめる家


PAGE TOP ↑