*

「 佐藤真 」 一覧

沼津工務店 佐藤真

慣れ

2017/06/19 | 佐藤真

人間何事にも、慣れてしまうと、無意識に動く為、あっているか、間違っているのか、よくわかりません。

一般的には、同じことを、繰り返して行うので、あっている場合が、多いと思います。

先日も、着工する現場の調査を、行ったのですが、建物の位置等は、はかりはじめが、はっきりしているので、問題はありません。

地盤の高さは、道路や、隣地の高さによって、変更する為、レベル(水平機)で、見て決めます。

スタッフ(メジャー)を地面に付けて、レベルで水平を見る為、高さの寸法が逆になります。

慣れで、頭の中で、換算するので、時々まちがえます。だから、一人ではなく、二人で確認しあいます。

もうひとつ、うっかり間違うのが、敷地の上空の、電気や、電話の線が通っていて、工事の邪魔になることがあります。

これは、下の基礎の工事ばかりに、気を取られて、上空は、普通何も無いことが多いいので、慣れで、気がつかないことがあります。

何年も、同じ仕事をしていても、何かの拍子で、間違うことがあります。

これからも、充分気をつけようと思ってます。


新しい現場に、キーBOXを、取り付けてきました。

どこの建築会社さんも、同じだと思いますが、現場の防犯の為、キーを入れるキーBOXを、取り付けると思います。

ナンバーをあわせて、取付、開閉が、できるようになっているタイプです。

うちの会社のキーBOXは、番号を忘れない為に、全部のキーBOXの番号は同じです。(どの現場も同じ番号で全部開きます。)

その中に、2個だけ違う番号で、キーBOXが開きません。安全の為、変更したのだと思いますが?

だけど、番号を知っているのは、社員と、協力業者さんと、お施主様だけです。

それでも、定期的に番号を変える方が、より安全かと思います。


今日は、朝から雨模様でした。

建物を、建てている私たちには、いやなものです。

今日、仕事をすることになっていた、各現場は中止です。

中止の現場というと、ひとつは、左官工事で、外壁の仕上げです。

それと、タイル工事で、玄関ポーチのタイル張りと、外部の屋根廻りの塗装工事です。

どれも、雨に濡れると、流されてしまう工事なので、

ちょっとでも、雨が降ると、念のため、中止にします。

無理に行って流されてしまうと、後始末が大変です。

これから、梅雨の時期になるので、今から、頭が痛いです。

とにかく、ガンバッテ行こうと思っています。


伊豆の国市の車庫の増築現場に、先月中旬より、ツバメの夫婦が飛来してきて、巣を作り始めました。

車庫の中に作るので、今は、外と中が、行き来、できるので、いいのですが、

外壁をふさいでしまうと、自由に外と中の、行き来、ができなくなります。

この先、そのままにしておき、卵を産んで、ヒナがかえったりすると、

親がめんどう見れなくなり、ヒナが死んでしまいます。

可哀相だと思いましたが、あきらめさせようと、作った巣を、2,3度こわしました。

だけど、まだ時々来るみたいなので、シートやアルミ箔等で、ふさいたりしています。

早く、違うところに、巣を作ってくれるよう、願っています。

☆★☆イエタテ掲載中☆★☆ ≪田中建築工業新築施工例≫

吹き抜けのある空間に家族が集う洗練された無垢の家

素材や空気感にこだわって愛車とともに暮らす家

吹抜けのスケール感が違う、いつまでもワクワクが続く家

デザインだけじゃない〝みんなと違う〞家

機能と快適を両立した 吹き抜けの空間デザイン

無垢の白い壁が家族を包む ビーチサイドが似合う家

嫉妬したくなるほど美しい 黒と赤のデザイン住宅

文句なしの開放感と 自然素材の快適さが心地いい

家族でくつろぎ、友達が集まるいろんなシーンで楽しめる家


当社の今年のゴールデンウィークは、5月3.4.5日の3日間だそうです。

6日の土曜日は出社で、現場も作業OKとのことです。

だけど、連休の中では、メーカーも、問屋もお休みなので、仕事をするには、事前に発注して、材料を確保しておかなければなりません。

ましてや、祭日の3.4.5日は、仕事をして、隣近所に迷惑を、かけるわけにはいきません。

それで、6日の土曜日一日だけ仕事をしても、大勢に、影響はありません。

結局、5月3.4.5.6.7日の5日間を休むようになると思います。

だから、5月1.2日のうちに、各現場の片付け、外部足場のネット養生の確認等、休み中に、近所に迷惑をかけないようにしなければと、思っています。

今年も何事も無く、ゴールデンウィークが終わることを願います。

(このブログは、5月1日に書いたものです。)

 

☆★☆イエタテ掲載中☆★☆ ≪田中建築工業新築施工例≫

吹き抜けのある空間に家族が集う洗練された無垢の家

素材や空気感にこだわって愛車とともに暮らす家

吹抜けのスケール感が違う、いつまでもワクワクが続く家

デザインだけじゃない〝みんなと違う〞家

機能と快適を両立した 吹き抜けの空間デザイン

無垢の白い壁が家族を包む ビーチサイドが似合う家

嫉妬したくなるほど美しい 黒と赤のデザイン住宅

文句なしの開放感と 自然素材の快適さが心地いい

家族でくつろぎ、友達が集まるいろんなシーンで楽しめる家

 


沼津工務店 佐藤真

片付け

2017/04/24 | 佐藤真

今日、木工事完了の現場の片付けに行ってきました。

まず、使える材料と、使えない材料(ゴミ)の仕分けの作業です。

木工事完了なので、木材や建材等、大工さんが使う材料の、残材の片付けです。

使えない材料(ゴミ)の中には、ちょっと考えて、工夫をすれば、使えるものも、多くあります。

これは、どこかに使えると思って、最後まで残していた材料が、ほとんどです。

もったいないと思って、次のところに、使おうと思い、取っておいても、曲がったり、反ったりして、使えない場合が多いです。

だから、その時に、捨てたほうが、片付くので、いいかと思います。

このことからも、片付けは、思い切りよく、捨てなければ、ダメだと思いました。

☆★☆イエタテ掲載中☆★☆ ≪田中建築工業新築施工例≫

吹き抜けのある空間に家族が集う洗練された無垢の家

素材や空気感にこだわって愛車とともに暮らす家

吹抜けのスケール感が違う、いつまでもワクワクが続く家

デザインだけじゃない〝みんなと違う〞家

機能と快適を両立した 吹き抜けの空間デザイン

無垢の白い壁が家族を包む ビーチサイドが似合う家

嫉妬したくなるほど美しい 黒と赤のデザイン住宅

文句なしの開放感と 自然素材の快適さが心地いい

家族でくつろぎ、友達が集まるいろんなシーンで楽しめる家


沼津工務店 佐藤真

桜満開

2017/04/14 | 佐藤真

天候が、不順の為なのか、今年の桜は、満開が今頃のようですね。

今日、伊豆長岡の現場に行く途中、あちら、こちらで、桜が満開で、きれいでした。

なかでも、長岡の放水路の桜並木は、遠くから見ても、きれいでした。

だから、帰りに、長岡の、狩野川さくら公園の、桜並木を通ろうと思いました。

通ったら、満開の桜で、本当にきれいでした。すがすがしい気分になりました。

沼津でも、色々見るところがあると思いますが、

国一バイパスの今沢、原、地域や、門池の池の周り、光長寺の境内、等

さぞかし、きれいだと思います。

あさっての、日曜日までが、見ごろかと思うので、暇を見つけて、どこか見に行こうかと思っています。

☆★☆イエタテ掲載中☆★☆ ≪田中建築工業新築施工例≫

吹き抜けのある空間に家族が集う洗練された無垢の家

素材や空気感にこだわって愛車とともに暮らす家

吹抜けのスケール感が違う、いつまでもワクワクが続く家

デザインだけじゃない〝みんなと違う〞家

機能と快適を両立した 吹き抜けの空間デザイン

無垢の白い壁が家族を包む ビーチサイドが似合う家

嫉妬したくなるほど美しい 黒と赤のデザイン住宅

文句なしの開放感と 自然素材の快適さが心地いい

家族でくつろぎ、友達が集まるいろんなシーンで楽しめる家


最近の天気は、朝晩寒く、昼間温かいので、体がついていけなくて、大変です。

それから、晴れても、急に雨が降ってきたりと、仕事に差し支えます。

今、完成間じかの建物が一軒と、建てたばかりの建物が二軒(一軒は増築)

あります。

完成間じかの建物は、外壁が、左官仕上げの為、雨が降ると仕上げた所が、

流されて、ダメになってしまいます。

先週も、夜、急に雨が降ってきたので、壁一面流されて、クリーニングするのが大変でした。

建てたばかりの建物は、運がよく、雨が降る前に屋根の防水紙(ルーフィング)を張ることができました。

上からの雨には、濡れないように、養生ができました。よかったです。

このごろの天気は、曇り空のときは、雨が降ると思っていた方が、いいと思いました。

天気が今日みたいに、はっきりしてくれると、ありがたいです?

☆★☆イエタテ掲載中☆★☆ ≪田中建築工業新築施工例≫

吹き抜けのある空間に家族が集う洗練された無垢の家

素材や空気感にこだわって愛車とともに暮らす家

吹抜けのスケール感が違う、いつまでもワクワクが続く家

デザインだけじゃない〝みんなと違う〞家

機能と快適を両立した 吹き抜けの空間デザイン

無垢の白い壁が家族を包む ビーチサイドが似合う家

嫉妬したくなるほど美しい 黒と赤のデザイン住宅

文句なしの開放感と 自然素材の快適さが心地いい

家族でくつろぎ、友達が集まるいろんなシーンで楽しめる家


先週の日曜日、私の町内では、一週間遅れの防災訓練を行いました。

主な訓練は、避難ビルの確認と、起震車体験でした。

避難ビルは、3,4階のビルで、外階段で屋上や最上階まで行ける所が多く、

助かります。いざと言う時は、一番近いビルに逃げようと思いました。

それから、起震車体験ですが、震度6強と震度7を体験しました。

震度6強は、ある程度対応できたのですが、

震度7は、上下左右と激しくゆれて、手摺等につかまっていても、飛ばされそうになりました。

これでは、本当のときは、何もできないだろうと感じました。

それなので、家がある程度壊れても、つぶれないで、命だけは守れる家を作ろうと思いました。

☆★☆イエタテ掲載中☆★☆ ≪田中建築工業新築施工例≫

吹き抜けのある空間に家族が集う洗練された無垢の家

素材や空気感にこだわって愛車とともに暮らす家

吹抜けのスケール感が違う、いつまでもワクワクが続く家

デザインだけじゃない〝みんなと違う〞家

機能と快適を両立した 吹き抜けの空間デザイン

無垢の白い壁が家族を包む ビーチサイドが似合う家

嫉妬したくなるほど美しい 黒と赤のデザイン住宅

文句なしの開放感と 自然素材の快適さが心地いい

家族でくつろぎ、友達が集まるいろんなシーンで楽しめる家


今日は、着工したばかりの、現場の基礎配筋検査を受けました。

受けたのは、住宅保証検査機構(JIO)と言う、第三者機関です。

事前に、チェックしていたので、何事も無く、無事合格でした。

検査は、鉄筋の種類や、寸法、鉄筋の配置や、間隔、それからコンクリートのかぶり寸法等、色々検査します。

でも一番大事なことは、建物の寸法通りに、基礎の立上りが、間違いなく組まれていることだと思います。

それに、しっかり建物の土台を据えることだと思います。

これから、何回も、同じ検査を受けると思いますが、

いつも、最初の時と同じよう、緊張してやっていこうと思います。

 


PAGE TOP ↑